髪に悩む男性

誰もがハゲに見舞われると精神的にも大変苦痛を感じるものです。
症状がひどくなると外見も随分と印象が変わってしまい、鏡の中の自分の姿を覗き込むだけで更なるストレスが伸し掛かってしまうことでしょう。
そもそもこのハゲを生み出す原因には、頭皮の血行不良、毛穴の不衛生化、睡眠不足、食生活の偏り、ストレス、過労など様々なものありますが、これらとはまた別の病気によって引き起こされる薄毛症状も存在します。
それが男性型脱毛症、すなわちAGAです。

このAGAとは、まずテストステロンという男性ホルモンと頭皮付近に存在する5αリダクターゼという酵素が反応し合い、DHTという物質を作り出します。
このDHTが頭髪の根本にある毛乳頭で感知されると成長サイクルが乱れ、健康的な頭髪であってもそれが栄養分の補給をストップしてすぐに抜け落ちていく準備を始めます。
こうやって相次ぐ抜け毛によって広がっていく脱毛症状のことをAGAと呼ぶのです。

普通のハゲであれば、その原因である生活習慣を見直し、改善していくことによってある程度の発毛、育毛効果が得られます。
スカルプシャンプーで毛穴の汚れを取り除いたり、あるいは育毛剤で頭皮の血行を改善することも効果的です。
しかしAGAによって生じる脱毛症は病気に分類されますのでクリニックなどで専門治療を受けることが必要です。
クリニックで5αリダクターゼの2型の働きを抑制する飲み薬を処方してもらったり、あるいは頭皮の毛細血管を拡張してより多くの栄養分を補給できるように促す塗り薬などを使うことも効果的です。
こうしたAGA専門治療薬によって治療を続けることで早い人ならば数ヶ月で、遅い人でも半年から一年が経つ頃には確かな発毛を実感出来ていることでしょう。

記事一覧